So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

嘱託殺人 「苦しむ父、見かねた」容疑の少年(毎日新聞)

 大阪鶴見区のマンションで12日、少年(17)が病気の父親(44)を殺害した容疑で逮捕された事件で、父親が少なくとも数カ月前から、少年に「しんどい。殺してくれ」と殺害を懇願していたことがわかった。また、大阪府警鶴見署によると、少年は父親からの殺害の依頼に従った理由を、「父親が苦しむ姿を見るに見かねてやった」という趣旨の言葉で説明しているという。父親は肝臓を患うなど最近になって体調を悪化させており、同署は、体調に悩んだ父親が少年に繰り返し殺害を頼んでいたとみて、さらに詳しく調べている。

 父親の知人らによると、父親は体調の悪化で、最近は寝たきり状態だった。次第に弱音も吐くようになっていたという。父親は今年に入り、近所の飲食店を訪れた際、一緒に食事をしていた少年に「もうしんどい。おれを殺してくれ」と漏らした。これを聞いた店の経営者がすぐに「大事な息子に何させるんや」とたしなめたという。【安藤龍朗、向畑泰司】

 ◇母は数年前に病死

 「(少年は)父親のことがとても好きで尊敬していた。父親にとっても自慢の息子だった」。仲が良かった父子を知る人らは一様にこう話した。しかし、少年は自らの手で父親の命を絶った。

 父親の知人らによると、少年は一人っ子で、母親は数年前に病死した。父親は当時、「(母親を)幸せにしてやれなかった」と落ち込む一方で、「(少年と)2人で頑張る」とも話していたという。父親はこのころから「眠れない」と言って、睡眠導入剤を服用するようにもなった。

 父親と親しい運送業の男性(26)は「とにかく、父親は(少年を)かわいがっていた。小学生のころは我流でキックボクシングを教え、礼儀もきちんとしつけていた」と話す。また、父子が食事のために通っていた近くの居酒屋の店長(40)は「父親はいつも『あいつはええ男や』と息子を自慢した。(少年は)近所の人に会うと、きちんとした言葉であいさつする礼儀正しい子だった」と語った。

 しかし、父親は体調を崩しながらも好きな酒をやめることはなく、症状は悪化する一方だった。近所の住人によると、事件前日の11日夕にも、日本酒3ケースが自宅に届けられていたという。

 事件を知った知人らは少年の動機について、口々にこう推し量った。「大好きな父親がどんどん弱っていくのが、しんどかったんだと思う」−−。

【関連ニュース
<事件の一報>嘱託殺人:父親殺害で17歳少年逮捕 「頼まれた」と供述
嘱託殺人:68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決
放火・殺人:自宅に放火、父殺害 容疑の42歳男逮捕
殺人:息子が父ら2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌
殺人:父親ナイフで刺し失血死 24歳を容疑で逮捕

旧車會等13台に整備命令 国交省(レスポンス)
<年金機構>長期派遣受け入れ 労働局が是正指導(毎日新聞)
成田空港敷地内でひき逃げ…会社員男性が死亡(読売新聞)
みんなの党の江田幹事長が「菅民主」との連携をあらためて否定(カナロコ)
防犯カメラの映像、別人だが「似てたから」自分と…(読売新聞)

「逆風」の強さ肌で感じ「参院の乱」…検証3(読売新聞)

 「ビラも受け取ってもらえない」

 「目の前で名刺を破られた」

 5月30日夜、民主党の高嶋良充参院幹事長の携帯電話に、地元での活動に奔走する参院選候補たちの悲鳴が続々と寄せられた。

 「これじゃあ、みんな討ち死にですよ」

 高嶋が輿石に伝えた。それが、「鳩山降ろし」へと輿石が突き動かされていく原動力となった。輿石自身も改選を迎える。「逆風」の強さは肌で感じていた。

 31日の3者会談で輿石は鳩山に「社民党抜きでは選挙だって、国会運営だって厳しい。郵政改革法案だって、廃案になりかねない」と訴えた。翌1日の2度目の会談では、語気鋭く「参院ではあなたの問責決議案だって可決しかねない情勢だ」と伝えた。

 2度目の3者会談は約30分。そのほとんどの時間を輿石が一方的にまくし立てる展開となった。

 輿石らによる「参院の乱」によって、鳩山が辞任を表明した2日夜。輿石、高嶋ら参院幹部は東京都内にある、輿石のなじみの居酒屋で酒を酌み交わした。出席者の一人は「まだおめでとうじゃない」と、鳩山の辞任の影響がどの程度のものになるか、測りかねる様子で不安を口にした。(敬称略、肩書は当時)

首相動静(6月4日)(時事通信)
<首相指名選挙>菅氏、衆院313票 参院123票(毎日新聞)
首相動静(6月1日)(時事通信)
<工業団地汚職>幸田町議へ贈賄、2被告認める 名古屋地裁(毎日新聞)
「ごめんね…」首相は閣僚につぶやいた(産経新聞)

羽田―成田間20分短縮、京成が新ダイヤ(読売新聞)

 京成電鉄(東京都墨田区)は27日、羽田空港―成田空港駅間の所要時間が約20分間短縮される新ダイヤを発表した。

 新ダイヤは、新設路線の「成田空港線(愛称・成田スカイアクセス)」が開業する7月17日から実施。乗り換えが必要で2時間近くかかる経路が多かった羽田空港―成田空港駅間で直通電車を増やし、時速120キロで走る新型車両を投入することなどで、ほとんどの経路で約1時間40分で結ぶ。

 羽田と成田を結ぶ直通電車は現在の平日上下計6本から計23本に増える。

ふるさと納税、申し込み相次ぐ=2週間で2200万円―宮崎県(時事通信)
公明・山口氏 「首相は月末に辞任を」(産経新聞)
ソニー銀元行員を逮捕=口座から4000万詐取容疑―警視庁(時事通信)
こち亀 曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)
重くして“エコカー認定”の欺瞞(Business Media 誠)

大麻所持のアーティスト・竹前被告に懲役8月(読売新聞)

 「YOU THE ROCK★」の芸名で活動していたヒップホップアーティストで、大麻取締法違反(所持)に問われた竹前裕被告(38)(東京目黒区)の判決が12日、横浜地裁川崎支部であり、阿部浩巳裁判官は、懲役8月(求刑・懲役1年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると竹前被告は2月10日、東京都目黒区の自宅マンションで、乾燥大麻約1・77グラムを所持した。

あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
<滑落>各地で相次ぐ 富士山、谷川岳で計2人死亡2人重傷(毎日新聞)
動物愛護 殺処分からペット救え 100匹と飼い主が行進(毎日新聞)
横須賀の住宅で発見の男性遺体に刺し傷など、県警が殺人事件と断定/神奈川(カナロコ)
<B型肝炎訴訟>閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ(毎日新聞)

空き巣容疑で中国人3人逮捕=「犬の散歩」装い見張りも−被害100件か・警視庁(時事通信)

 民家で現金などを盗んだとして、警視庁捜査3課などは22日までに、窃盗容疑などで、いずれも中国籍で、無職の自称張凱容疑者(37)=埼玉県熊谷市桜町=、無職王穎容疑者(24)=同=ら3人を逮捕した。
 同課によると、張容疑者は容疑を認め、「昨年10月から今年3月の間、空き巣に入った」と供述。茨城、栃木、群馬、埼玉、東京各都県で約100件の被害があり、同課が裏付けを進めている。うち約40件の被害額は計1500万円相当に上るという。
 逮捕容疑は昨年12月26日午後3時半から同5時半ごろの間、群馬県高崎市の無職女性(73)方で、現金や指輪など約140点(12万7000円相当)を盗んだ疑い。
 同課によると、張容疑者がドライバーで窓を破って侵入し、王容疑者が見張りを担当。知人から犬を借り、付近を散歩しているように装う場合もあったという。 

【関連ニュース
防犯完備の高級住宅狙い空き巣=容疑の韓国人2人逮捕
空き巣容疑の50歳男逮捕=被害200件、5000万円か
高級住宅に空き巣30件か=容疑で韓国人10人逮捕
70件か、空き巣のコロンビア人逮捕=捜査員の「直感」で尾行
マダムシンコ会長宅に空き巣=貴金属など3億円被害

主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
堺1歳男児死亡 交際相手の暴行明かせず 泉大津でも(産経新聞)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】障害年金 受給後の結婚・出産にも加算(産経新聞)
向精神薬をネット転売、男追送検=生活保護受給者に入手依頼か−神奈川県警(時事通信)

<通天閣ロボ>「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)

 大阪府警などが21日から始める「春の地域安全運動」に先駆け、浪速署は16日、通天閣にそっくりの二足歩行ロボット「通天閣ロボ」(高さ約1.7メートル、重さ約30キロ)と、野球評論家で元阪神タイガース監督の中村勝広氏(60)を「一日署長」に迎え、「街頭犯罪撲滅を」と区民らに呼び掛けた。

 警察の制帽をかぶった通天閣ロボと中村氏は同署前で、「街頭犯罪ワースト1返上」と通行人らに訴え、自転車用のひったくり防止カバーなどを署員らと配った。通天閣ロボは、通天閣を運営する通天閣観光と同署管内の日本橋筋商店街振興組合が先月に共同制作した。浪速署は「大阪のシンボルにあやかって、犯罪防止につなげたい」と話している。【阿部弘賢】

【関連ニュース
<関連写真特集>通天閣ロボ:東京タワーに現る
<関連写真特集>ロボット:実在の女性そっくり 映画「サロゲート」の時代到来も間近?
<関連記事>通天閣ロボ:大阪PR「どこでも行くで」

<掘り出しニュース>犯人に「やめときや」 大阪府警南署が街頭に掲示(毎日新聞)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
わいせつ容疑の男に起訴相当=検察審が議決、本人は帰国−大阪(時事通信)
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判(産経新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)

<幸田町議汚職>贈賄側の売却益7億円 愛知県警(毎日新聞)

 愛知県幸田町の工業団地開発を巡る汚職事件で、贈賄側の同県西尾市の開発会社「西三河開発」が団地開発で約7億円の売却益を得ていたことが、愛知県警の調べで分かった。県警は、業者側が利益の大きい大型事業を確実に進めるため、関係が深かった町議の黒柳広治容疑者(72)=受託収賄容疑で逮捕=に議会工作を依頼し、多額のわいろを渡したとみている。

 愛知県警や同町によると、西三河開発は07年秋、幸田町と西尾市にまたがる遊休地買収にめどをつけ、町と市に工業団地開発を打診。土地を約10億円で買収し、造成や既存建物の解体工事は贈賄側の建設会社「和幸建設」に約3億円で発注する計画を立てた。

 西三河開発は09年2月に開発許可を取得。同5〜6月に大手自動車メーカーの関係会社など2社に造成地を計約20億円で売却した。和幸建設は造成工事などで数千万円の利益を上げていた。

 県警は、贈賄側の2社が大型の利益を確実に得るため、2社の専務を兼ねる鋤柄茂樹容疑者(43)=贈賄容疑で逮捕=のおじで、関係が深かった黒柳容疑者に協力を求めたとみている。【秋山信一、中村かさね、中村宰和】

【関連ニュース
汚職:贈賄業者が経営再建狙い幸田町議に工作依頼か 愛知
愛知・幸田の受託収賄:「現代の名工」の町議宅など捜索
収賄:家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円
汚職裁判:収賄に問われた元入管職員に実刑判決 東京地裁
収賄容疑:千葉市長を逮捕 業者から約100万円 警視庁

<記者過労死>原告の請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
遊具広場、囲って安心?孤立?…都立公園(読売新聞)
食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密(産経新聞)
「基本方針」修正必要…官房長官示唆(読売新聞)
新党なんて関係ない、えらい迷惑と舛添氏(読売新聞)

橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で 新党なら舛添氏応援 (産経新聞)

 大阪府・市の再編を主張している橋下徹知事は14日、来年秋の大阪市長選について「(平松邦夫市長が)府市再編に賛同しないならば、候補者を擁立する」と述べ、自身が代表を務め、19日に発足する地域政党「大阪維新の会」からの候補者擁立を示唆。また、自身の立候補に関しても「選択肢は残しておく」と含みを持たせた。

 橋下知事は「大阪維新の会は府市再編を実現するための政党。目標を実現するためだ」と説明した。

 府市再編をめぐっては平松市長が「具体的な姿が示されていない」と橋下知事を批判している。

 また、府が独自で税体系を決めることができる「大阪税特区構想」を舛添要一前厚生労働相が掲げていることを受けて、橋下知事は舛添前厚労相が新党を設立した場合には、「今夏の参院選で大阪維新の会が応援することもある」と述べた。

【関連記事】
「政党内で議論しないのは違和感」石破氏、舛添氏に不快感
「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党にも含み 15日会談へ
大阪都構想 府と市を「都」に再編
舛添氏、15日に東国原知事と会談 参院選で連携か
橋下知事「幼稚園の子どもでいいです」 関西3空港懇談会
外国人地方参政権問題に一石

会期延長しない方針を確認 政府・民主党首脳会議(産経新聞)
国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加−第2弾(時事通信)
<警察庁>警官不祥事に長官「遺憾」(毎日新聞)
<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届(産経新聞)

車転落 百貨店駐車場4階から、男性2人死亡 大阪(毎日新聞)

 8日午前11時55分ごろ、大阪府八尾市光町の百貨店「西武八尾店」の駐車場(5階建て)の4階から、普通乗用車1台が鉄柵(約1.2メートル)を突き破り、約8.3メートル下の地上に転落した。消防隊員が車内から男性2人(いずれも60歳前後)を救出したが、運転席と助手席の男性は2人とも死亡した。ほかにけが人はなかった。府警八尾署はアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて、詳しく調べている。

 同署などによると、車は前部から百貨店の敷地内の駐輪場付近に落ちた。地上に通行人はおらず、巻き添え被害はなかった。

 近くに住む男性会社員(48)は「ドーンと地響きのような音がしたので見ると、車がひっくりかえって大破していた。血まみれの男性が救出されていた。下に人がいたらと思うと恐ろしい」と話した。

【関連ニュース
西武池袋本店:インテリアフロアに提案型売り場
百貨店が苦戦している/3 再編して生き残り?
石川遼:2歳でにぎったクラブが登場 池袋西武で「プロへの軌跡」展
湖国再発見:統計から/2 本当?「百貨店数1位」 /滋賀
究・求・救・Q:新年度スタート 競争通じ共存共生 改革打ち出す百貨店 /岡山

<シー・シェパード>元船長起訴 侵入、傷害など五つの罪で(毎日新聞)
ラーメン具の定番「なると」、ブームに乗れず…(読売新聞)
<ロボット>実在の女性そっくり「妹ができたみたい」 阪大教授ら開発(毎日新聞)
82歳男性が妻と心中か 世田谷区(産経新聞)
【なんて素晴らしい人生!】編集委員・石野伸子 ゴリラの瞳見つめてあげて(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。